FX会社ってどこがいいの?沢山あるけど、自分にとってどこがいい会社でしょうか?情報が豊富なのは?少額から始めるには?初心者におすすめなのは外為どっとコムとSBIFXトレードでの口座開設♪

絶対ダメっていうFX会社ってあるの?

正直、メジャーな会社でここは絶対ダメって会社はありません。
逆に、絶対、100%安心ていう会社もありません。

大恐慌

 

今後、どんな金融危機や大恐慌があるかは分かりません。

 

ですが、マイナーな会社で、次にあげる要素が見られる会社は辞めておいた方が無難です。

 

スプレッド拡大が半端ない!!

スプレッド原則固定と書いてあるFX業者でも、
スプレッドは拡大します!

驚く

 

FXを始める前の方なら、「えっ!」て思いますよね!
だって、あんなに「業界最狭!」とか謳ってますもんね!

 

でも、早朝時や、重要な経済指標発表前後は、スプレッドが開きやすくなります。

 

この原因は、市場の流動性が低くなるからです。

 

流動性が低いとはどういう事かと言うと、
「買いたい」人と「売りたい」人の人数が市場に少ないってことです。

 

FXは相対取引ですから、
誰かが、ある通貨ペアを買おうとすると、
同じ通貨量の反対売買を行う誰かが必要になります。

 

流動性が低いと、
その取引が成り立ちづらくなり、
FX業者は、スプレッドを拡大しリスクヘッジするのです。

 

また早朝時は、流動性が低くなる他に、
スワップポイントだけをうまいこと頂こうとする取引が、以前流行った為と言われています。

 

たまったもんじゃない

NY市場がクローズする直前に、ポジションを持ち、
クローズをまたいで直ぐに、反対売買をし、為替差益の損失を出さず、
スワップポイントだけを得るというやりかたです。

 

これをやられるとFX業者は、たまったもんじゃないでしょうから、スプレッドを上げて対策していると言われています。

 

以上が、スプレッド拡大の理由なんですが、拡大の幅に業者間に差があります。

 

この幅があまりにもありすぎる業者はやめといた方が良いでしょう。
スプレッド拡大の幅が大きいということは、資金力に自信がないという事の裏付けになりますよね!

 

ですので、大変動時など倒産の可能性もある会社と言えます。

 

約定力が低い会社はやめとこう!

約定力とは、いかにトレーダーが希望するレートで注文が、ちゃんと入るか、という能力です。

 

これには、FX会社が持っているサーバーの容量が関わっています。

サーバー

 

容量があるサーバーを持っている会社は、当然、資金があります。
企業の健全性の一つです。

 

約定力のある会社は、HPに約定率「99.9%」とか書いてあるのでチェックしてみてください。

 

海外のFX会社は?

海外のFX会社は、レバレッジが100倍とかかけられます。
スプレッドは、国内業者より広いです。

 

よく海外FX業者は、怪しいとか書かれていますが、
国内業者との仕組みの違いを理解し、上手く利用すれば、
人によっては使いやすいかもしれません。

 

海外FX会社は、初心者は、国内業者に慣れてからの方が良いと思いますが、
絶対やめとけとは言えない存在です。

 

 

以上、管理人が考える、「こんなFX会社はやめとこう」は、
「スプレッドの拡大の幅が大きい会社」
「約定力が低い会社」
です。

 

 

arrowトップページに戻る