FX会社ってどこがいいの?沢山あるけど、自分にとってどこがいい会社でしょうか?情報が豊富なのは?少額から始めるには?初心者におすすめなのは外為どっとコムとSBIFXトレードでの口座開設♪

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、
簡単に言うと、二つの通貨の金利差分の金額を、日割りにしたものです。

 

スワップポイントを得る方法

ポイント

FXは、為替変動を利用した為替差益による利益の出し方の他に、
通貨間の金利の差額から利益を出す金利差益による利益の出し方があります。
スワップポイントで利益を得る方法は、後者の金利差益を得る方法になります。

 

金利差益による利益の出し方を例を出して説明します。
例えば、米ドル/円の売買で見てみましょう。

アメリカの金利が、0.5%で、日本の金利が0.1%の時、
金利の差は、
0.5%-0.1%=0.4%

つまり、0.4%の利益を利息みたいな感じで得られます。

 

眼鏡キラーン!

この時注意してほしいのは、
金利が低い通貨で、金利が高い通貨を買った場合は、利益が出て、
金利が高い通貨で、金利が低い通貨を買った場合は、損失が出る
ということです。

 

上の例だと、金利の低い日本円で、金利の高い米ドルを買うと利益が出るってことです。
「売り」から入る(ショートポジションをとる)場合は、逆パターンになります。

 

それで、その金利差分の0.4%は年率なので、日割りにした額を、スワップポイントと言います。

 

スワップポイントは、「買い」もしくは「売り」のポジションを持ったまま、決済せずに、NY市場のクローズ時間をまたぐと、貰えます。もしくは支払わなければいけません。
NY市場のクローズ時間は、日本時間の午前7時です。サマータイム時は午前6時になりますよ。

 

スワップポイント狙いの時のFX会社を選ぶ基準は?

どうぞ

FX会社選びは、次の点に着目して選びましょう!

  1. スワップポイントが高い会社を選ぶ
  2. 企業としての健全性が高い会社を選ぶ
  3. 得たスワップポイントだけを出金できる会社を選ぶ
  4. 取り扱い通貨が多い会社を選ぶ

1、まず最重要は、スワップポイントが高い業者を選ぶことです!

スワップポイントは、FX会社によって結構違ってたりします
自分が取引しようとしている通貨ペアは必ず比較しましょう!

 

カレンダー

スワップポイントは、各FX会社のHPに「スワップポイントカレンダー」とか「スワップ履歴」とかの名前でページが設けられていますので確認してみてください。

 

得てして、スワップポイントが高い業者は、安定して、色々な通貨で高く設定してくれてますよ。

 

2、企業の健全性が高い会社を選ぶ!

スワップ狙いの取引は、長期保有になることがほとんどです。
それ故に、決済せずに、ポジションを維持している間に、FX会社が倒産!ってことにならないように気にすることが必要です。

調べる

 

万が一、倒産しても、「信託保全」という制度が、FX会社には義務付けられているので、投資家の資産は守られるのですが、倒産などされると、決済前の取引は、おそらく無かったことになるでしょうし、いろいろ手続きが面倒そうです。

 

そこで、FX会社の健全性を測る基準として、自己資本規制比率という指標があります。
何やら堅苦しい言葉ですが、この指標は数値が高いほど、健全性が高いことを示しています。

 

国は、FX会社に、自己資本規制比率を、120%以上に保つよう義務付けています。
ですので、この数値が200%以上をつねに維持しているようなFX会社を選ぶようにしましょう。

 

自己資本規制比率は、各FX会社のHPに開示情報として、掲載されています。
年に4回更新され、結構数値が変動しますんで、まめにチェックしましょう!

 

スワップポイントだけを出金できる会社を選ぶ!

スワップポイントは毎日もらえます。
ですから、スワップポイントで出た利益分で、証拠金を追加したり、別の通貨ペアに投資したり、株式投資してみたりできるわけです。

PC操作するOL

 

つまり、複利運用ができるんです。

 

でも、そのためには、スワップの利益分だけを出金できるシステムがFX会社にないといけません。
この辺の取引ルールは、FX会社によって異なっています。

 

このサイトでオススメしているFX会社ではどこがいいでしょうか?各社の詳細を見てみますね。

  • 外為どっとコム・・・「返還可能額」が3000円以上貯まれば出金可能です。「返還可能額」は、スワップポイントと為替差益合わせた利益ですね。
  • SBI FXトレード・・・保持しているポジションの評価損益と、スワップポイントの合計がプラスであれば出金可能。
  • GMOクリック証券・・・最低出金額1万円。最高出金額1億円。残高が1万円以下なら全額出金可能。

FX会社によって、ルールも色々ですね。
基本的には、スワップポイントの利益を出金して複利運用できる会社が多いですね。

 

取り扱い通貨が多い会社を選ぶ!

取り扱い通貨数は、FX会社によって結構違います。

 

難しい顔をする

高金利通貨で取引できていても、政治情勢が変わって、その国の政策金利がかわると、今まで貰っていたスワップポイントを、逆に支払わなくてはいけなくなったりするかもしれません。

 

そんな時には、通貨ペアを変更できるように、なるだけ多くの通貨を取り扱う業者がいいですね。

 

ちなみに、2008年のリーマンショック後、オーストラリアは金利が7%から3%まで下がりニュージーランドも8%から2.5%に下がり、今まで高金利通貨で人気だった豪ドルやNZドルは、スワップ金利を得る旨みは、少し減ってしまいました。

 

そういうこともあるので、取扱い通貨数も多いに越したことはありません!

 

オススメFX会社3社で比較!

では、上で挙げた選択基準を、管理人がオススメするFX会社3社で比較してみましょう!
下の表をご覧ください。
スワップ比較表

※スワップポイントは1万通貨を取引した時のポイント数です。

※データ取得日:2016年9月26日

 

おすすめするOL

単純にスワップポイントを最優先するなら、SBI FXトレードが高水準ですね!GMOクリック証券もSBIに追随するスワップポイントを供給してくれますので、この2社が候補ですね。
外為どっとコムは、残念ながら、人気高金利通貨で低い数値です。しかし、まだ取扱い業者の少ない高金利通貨のトルコリラの扱いがあり、自己資本帰省比率が非常に高いので、見逃せません!

 

「長期保有型の取引をするなら、FX会社はどこがいいか?」の管理人の結論は、
ある程度の自己資本規制比率があれば、あとはツールの使いやすさなどもありますが、基本的には、スワップポイントが高い業者を選ぶと良い!
ということですね!

 

 

arrowトップページに戻る